交通事故体験記②神秘体験?!危機一髪で助かった

神秘体験?!危機一髪で助かった

その瞬間に不思議な出来事が起こりました。

自転車から自分が落下していき、地面が近づいている映像が、スローモーションで見えていました。

咄嗟に「あっ!これが交通事故!?地面に叩きつけられる。ヤバイ」「あ~やっちまった。これで俺の人生が終わってしまうのか…」「とにかく、受け身を取らねば…」と頭の中で思考が駆け巡りました。

咄嗟に右手で全体重を支えて受け身を取るために手を出すと

フワ~と何かに抱きかかえられるようにゆっくりと着地

その瞬間、フワ~とした空気が私の周りを包み、何かに抱きかかえられるようにゆっくりと体幹が着地しました。

不思議なんですが、軽自動車にぶつけられてから地面に落ちて、転倒するまで、スローモーションで覚えているんです。

地面に落ちてから一呼吸置いて、右手に痛みがジワ~ときました。

落ちる時に、何かに抱きかかえられて、ゆっくり降りていく感覚は今でもハッキリ覚えています。後で聞いたらこういうのを神秘体験と言うんだそうです。

「何かが見えた」とか「声が聞こえた」とかは無いのですが、「何か大いなる存在に守ってもらった」と自分では解釈しています。(^^)

画像の説明
事故現場のピエリ守山

画像の説明
この横断歩道上で右手のみで受け身をして全体重を支えたらボキッ
落ちた瞬間には現実世界に戻っていました。

「ありゃ~。手首痛めてしまった。」「他に痛めているかもしれない」と考えて少しずつ体を動かしていく。

頭部や背骨を痛めていたら、大変な事態になることが予想されるので恐る恐る確認しました。

道路に座り込んでいたのでとりあえず道路の端に移動しようと思い、ゆっくり立ち上がってみると…立ち上がれた!!

これも不思議だったのですが、交通事故で車に当たられたはずなのに、頭や身体は無事でした。無事であることが分かった瞬間、思わず目に見えない大いなる存在へ感謝の感情が湧き上がったのです。

そんな感謝の感情は手首の激痛で直ぐに打ち消されましたが…。

様々な幸運が重なった結果として大事に至らなかった幸運

とにかく九死に一生を得て奇跡的に、頭や身体などに障害を受けるような最悪の事態は回避できたのです。

なぜ、軽自動車に直接当たられて、手首の骨折だけで済んだのか??その理由は、後日に加害者さんとの会話で判明しました。

私に突っ込んできた人は、70歳半ばのおじさんでした。事故の状況は、帰宅するために、湖周道路から右折してT字路に入ろうとした時に私にぶつかったとのこと。事故した時は全く私の存在に気が付かなかったそうです。
つまり、自宅に帰るために幹線道路でもある湖周道路を、T字路に入る為に右折したタイミングで私に当たってしました…とのこと。しかも、全く気づいていなかったので、当然スピードもそこそこ出ていたのです。

これだけの条件が揃っていたら、大怪我していたはずでしたが、ここでいろんな幸運が重なっていたのです。

その幸運とは おじさんが乗っていた軽自動車には自動ブレーキが装備されていたのです。おじさん曰く、右折した時に突然、車が停止。それと同時に自転車に衝突していたそうです。

そうです。おじさんの車に自動ブレーキが装備されていなかったら、ノーブレーキ状態で衝突していたということ。

自転車という軽車両に乗っていた私はひとたまりもなく弾き飛ばされて全身を強打し、今頃、いそんな方面で大きな問題を抱えていたことでしょう。

更に、 その事故を起こした軽自動車は去年に自動ブレーキが装備された新車を購入していたという幸運。新車購入のタイミングがずれていたら…。

更に言うなら、 加害者のおじさんは、普通のまともな人でしたので誠意をもって対応してくれました。これもたちの悪い人だったなら次なる大きな問題になっていたことでしょう。

その話を聞いた瞬間に一歩間違っていた場合を想像して、ゾ~と恐怖を感じたと同時に様々な幸運が重なった結果として守られていたことに感謝しました。

交通事故体験記③救急搬送へ続く

**************************************

滋賀県近江八幡の整体院『グッド バランス』
  
http://s-balance.com/

〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町868

TEL (0748)34ー7604

営業時間 9:00~20:00

************************************

a:443 t:1 y:1

コメント


認証コード3315

コメントは管理者の承認後に表示されます。