私の原点

最近、楽しみなことが増えました。それはテレビドラマ。江口洋介主演の『救命病棟24時』です。

シリーズ1からずっと見続けている医療系ドラマ。

僕はなぜか昔から、医療系ドラマが異常に好きなのです。その中でも一番、影響を受けたのがこのドラマ。

スーパー天才外科医の江口洋介扮する進藤一生を中心として毎回命の大切さを訴えるヒューマンドラマです。

今回、パート4を見始めて感じました。

僕の原点がここにあると…。

パート1を見たのは1999年でした。ちょうどその頃は、整体とは違う世界に身を置いており治療現場から離れていました。

そんな時になんとなく見始めたこのドラマに毎週どんどん引き込まれている自分がいました。

「この胸にこみ上げる熱い感情は何?」自分に問いかけてみました。

そして、思ったことは「治療家として現場に戻ろう!」

再び、治療家としての職業を自分のライフワークにしよう!と決意しました。そんな思いに火をつけてくれたのがこのドラマだったのです。

あれから10年。
当院もこの9月で開業満10年です。

毎週、『救命病棟24時』を見るたびに僕のハートがウズウズします。

最近、仕事していて”甘えの心”が出てくると、聞こえてくるのです。
「お前それでもプロ治療家か!?」という進藤先生の声が…。
怒られんように気張ります。

a:330 t:1 y:0

    コメント


    認証コード2318

    コメントは管理者の承認後に表示されます。