『スライトエッジ』我人生のバイブルになりそうです

魂が強く揺さぶられる良書

イヤ~久しぶりに、魂が強く揺さぶられる良書に出会いました。

画像の説明
スライトエッジ』ジェフ・オルソン著 きこ書房
簡単に実行できて、成功する人はやっているのに99.9%の人がやっていないこと」と帯に書かれているキャッチにこの本の深~い意味が表現されています。

スライトエッジとは直訳すれば「小さな側面」言うなれば「わずかな違い」「微差」という意味です。これらのことは斎藤一人さんの著書の中で私が一番お気に入りの『微差力』にも書かれていました。アマゾンから届いたこの本を実際に手にした印象は、かなり分厚い書籍。

洋書は理屈っぽく読みづらい文章な場合が多いので、「読むのに時間とエネルギーが要るかな?」と思いましたが、以外に読みやすくドンドン内容に引き込まれていきます。内容を読み進めていくと頷くことばかり。

シンプルで当り前やけど超大切な哲学

ここに書かれていた内容は凡人な私が、長年かけて様々な本を読んだり、セミナーを受けたり、関わる周りの人々を人間ウォッチングしたりしながら、取捨選択した情報を元に、自分自身がいろんなチャレンジを行なう過程の中でトライ・アンド・エラーで積み重ねて知り得た教訓が、分かりやすくまとめられていたのです。

人生で結果を出すための智慧やエッセンスが、この本に集約されてまとめられています。

自分自身を振り返って見ても、結果が出せた時と、上手く行かなかった時の理由が腑に落ちて大変参考になりました。

小さな習慣の驚くべき威力

この本に書かれてある内容には、特別目新しい真理やノウハウが書かれて入るわけではありません。言い古された教えや原理原則に基づいた《当り前のこと》←「小さな習慣の驚くべき威力」の詳細が書かれているだけです。

しかし、この『当り前のことを、日々淡々と継続出来ているか?』が、人生における《成功や幸福、健康、豊かさ》にいかに影響を与えているかを、分かりやすくいろんな角度から表現されている書籍でした。

当り前のことですが、幸福・成功・健康・豊かさを得るには、それなりの努力は必要です。でも、その努力とは命を削るような修行とか、髪を振り乱して行なう難行苦行ではなく、日々の小さな習慣からコツコツ積み上げられるものなのです。

閉塞感の漂う現在の日本ですが、まだまだ、恵まれた環境だと私は思っています。這い上がる糊代はまだまだあります。

自立した幸福な大人を増やし、日本の国力を高めて、元気の無い日本を再生する為に、多くの人に読んでもらいたい良書でした。

全部で17章あるので、毎日一章ずつ読み続けることをオススメします。

私は現在2巡目。10回以上は読み込みたい内容です。

**************************************

滋賀県近江八幡の整体院『グッド バランス』
  
腰痛、自律神経の不調、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、ギックリ腰、産後の腰痛、首痛、肩こり、膝痛、股関節痛、肘痛、内臓の不調、冷え性…

http://s-balance.com/

〒523-0061 滋賀県近江八幡市江頭町868

野洲市、守山市、栗東市、草津市、大津市、高島市、湖南市、甲賀市、竜王町、愛荘町、高島市、東近江市、彦根市、長浜市、米原市からも来院

TEL (0748)34ー7604

営業時間 9:00~20:00

************************************

a:242 t:1 y:0

コメント


認証コード8370

コメントは管理者の承認後に表示されます。